ビルを清掃、保守管理しながら管理する職業とは一体

コンテンツ

レイアウトの重要性

オフィスレイアウトとはその名の通りオフィス内のレイアウトのことで、生産性を考える上で非常に大切な要素になります。そのためプロによるレイアウト配置を行なう会社も多く存在する程、重要視されています。

詳細を読む

賃貸事務所探し

事務所を借りる手段として賃貸事務所の存在があります。賃貸事務所を探すには不動産に相談刷るのが一般的で、思っている以上に多くの賃貸事務所が存在します。価格は広さやリッチによっても大きく変わってきます。

詳細を読む

社宅の提供について

社宅とは従業員向けに提供されている住宅のことで、無料でかいだされる場合もあれば、相場よりも大幅に安い家賃で借りられる場合などがあります。従業員にとっては非常にありがたいもので導入している起業も多いです。

詳細を読む

ビルのメンテナンス

希望に合った物件があっと言う間に見つかります!賃貸オフィスを港区でお探しならこちらのサイトへ。

セキュリティや設備にこだわった東京の社宅物件はここからチェック!アクセスにも便利で充実した環境が揃っていますよ!

どんな仕事をしている人達なのか

日本では、ビル管理産業のお仕事を「ビルメンテナンス」と呼びます。これは、デパートや企業ビルなどの空調やボイラーなどの建物の基幹部分を示す重要な部分をメンテナンス、点検、保守するのがお仕事です。そして今回の題材はマンションビルのお仕事の場合です。マンションビルとはつまり、賃貸物件です。そして賃貸物件である様に時には入居者が少なすぎて採算が取れずに取り壊しとなる事もあり、基本的には正社員とかではなく、アルバイトや非正規として入るのがこのお仕事の多いパターンです。そしてこのマンションビルのビル管理者のお仕事とは、基本的にはそのマンションビルの景観や内部の手入れを主体とする事が多いです。つまりマンションビルのお掃除が基本的なお仕事と言えるでしょう。

入居者が多い時には時には役割分担も

基本的にこじんまりとしたマンションビルならば、1人のビル管理人が一手に仕事を引き受けているというのが大半です。ですが、都心部などの犯罪率を懸念するケースや、そのマンションビルが大型で入居者がとても多い場合などのクレーム対応の為などの時には、ビル管理人だけではなく警備員や清掃員も同時に雇われているケースがあり、その仕事量の多さを対処する為に役割分担を行っているパターンもあります。警備員は犯罪率に対する抑止力として、清掃員はその大きすぎるマンションビルの清掃をちゃんとこなす為、ビル管理人は入居者から賃貸料を徴収するお仕事や何かしらの窓口としての役割を担う為、という感じです。この様にビル管理人と言っても色々な仕事の枝分かれがあるのも特徴です。

オススメリンク

↑ PAGE TOP