ビルを清掃、保守管理しながら管理する職業とは一体

社宅の提供について

社宅の提供とその工夫について

従業員への福利厚生として様々なものがあるが、その1つとして社宅の提供がある。社宅は、会社が用意する従業員用の住宅のことであり、相場家賃に比べ大幅に安い家賃で提供されたり、無料で提供しているケースもある。 これらの社宅については、企業のコストカットの流れから縮小の傾向にある。企業がコストカットを進めつつ、社宅を維持するための工夫として、外部業者の提供する不動産を活用するということがある。 社宅では、以前では自社で不動産を所有し、その部屋を従業員へ貸し出すというケースが通常であった。しかし、この場合固定資産税の支払いや、維持保守などで多額の費用が必要になる。そこで、外部の業者が保有する物件を借りあげることで低コストにつなげているケースが増えている。

従業員への住居提供におけるメリットとトレンド

社宅については、企業にとっても従業員にとっても一定のメリットがあることから、今日でも導入している企業は少なくない。 企業にとってのメリットしては、企業イメージの向上につなげられるということがある。社宅を提供することで、従業員を大切にしているという姿勢をアピールでき、採用活動などの際に有利に働くといったことがある。 また、利用する従業員にとっても、一般の賃貸物件に入居することに比べ、家賃が大幅に安く済んだり、入居や退去時に必要なコストを大きく削減できるなどのメリットがある。 これらのように、社宅については、企業側と従業員の双方にメリットがあり、存続させている企業も存在している。一方で、企業にとってはコスト削減も最近のトレンドとなっており、借り上げ社宅にシフトする傾向が強くなってきている。

↑ PAGE TOP